子宮内膜症 妊娠

z子宮内膜症と妊娠の関係について記しています。

Home

子宮内膜症ってなに?

女性は定期的に月経が起きますよね。

その時に子宮の内膜が血と一緒に排出されます。

実は子宮内膜は女性ホルモンによって厚くなっていきますが、時期が来ると剥がれてしまいます。

しかし、この子宮内膜がなぜか他の箇所にできてしまうことを「子宮内膜症」と言います。

「なんで、他の箇所に子宮内膜症が出来るの?」と疑問に思うでしょうが、原因については解明されていません。

この子宮内膜症は出来てしまう箇所によって症状が異なります。

一番できやすいのが卵巣で、その場合は血が溜まってしまい激しい痛みを感じてしまいます。

また直腸周辺にできてしまうと排便時に痛みを伴い、排便障害を起こす可能性もあります。

そして卵管内にできてしまうと卵子と精子の結合が困難になるため妊娠することができません。

このように子宮内膜症を患うことであらゆる障害が起きてしまいます。

子宮内膜症の治療法について

子宮内膜症の治療は症状によって異なります。

まだ初期の場合は薬物療法を行います。

この薬物療法は原因である女性ホルモンの分泌を止めるために薬を使用して、体を閉経状態や妊娠状態にしてしまいます。

しかし、デメリットとして治療を止めてしまうと再び発症してしまう可能性があります。

また根本的な解決方法ではないという意見もあります。

次に症状が重たい場合は手術によって摘出します。

この手術を受けるにあたって今後妊娠を希望する場合は子宮を残して、問題箇所のみを切除します。

また妊娠を希望せずに、もう少しで閉経してしまう女性には子宮全体を摘出する手術を行う場合があります。

この手術にもデメリットがあり、問題箇所だけ切除する場合は再発する可能性があることと、全摘出の場合は更年期障害のような症状が起きてしまうことが挙げられます。

手術を希望する場合は細かい点まで医師と話し合いましょう。

子宮内膜症を再発させないためには

体内に女性ホルモンが分泌されている限り、子宮内膜症を患ってしまうかもしれません。

「予防するにはどうしたらいいの?」と思うでしょう。

子宮内膜症を防ぐには妊娠すればいいのです。

実際に妊娠経験のない女性のほうが発症率は高いですが、このために妊娠するのもちょっとおかしいですよね。

その他に生活習慣が乱れている女性のほうが発症しやすいことから、普段の生活を改善することで予防できるかもしれません。

食事はビタミン、ミネラルを意識して摂取しましょう。

睡眠も夜更かしせずにしっかり取りましょう。

もし、少しでも痛みや違和感を持ったら、早期発見のためにすぐに病院に行くことも大事です。

子宮内膜症 妊娠、子宮内膜症 妊娠、子宮内膜症 妊娠



TOPPAGE